インプラントについて

インプラントとは

歯が無くなった顎の骨に、人工の歯根(インプラント体)のボルトを埋め込んで、新しい土台を作り、その上に人工の歯をつけるという、新しい歯科治療方法です。
インプラント体には、骨との親和性の良いチタン合金が使われています。
また、チタン合金は骨との親和性も良く、人体への影響はなく、安心です。
インプラントは、かむ力や耐久性が天然の歯に近く、また骨と直接結合するため沈み込みがなく、他の歯を沈み込みの力から守るという効果もあり、日々の歯磨きを通常よりていねいにするだけで、自然の歯と同じように使え、”第二の永久歯”といわれています。

インプラントと他の治療の違い

通常歯を失った場合、両隣の歯を削って橋渡し(ブリッジ)をしますが、インプラントの場合は両隣の歯を削らずにすむのが一番のメリットです。
また後方の歯を失った場合にやむを得ず義歯にしていた症例も、義歯を使用しないですむケースがあります。
天然歯は骨の中で多少の沈み込みがありますが、インプラントの場合、骨と直接結合するため沈み込みがほとんどありません。これにより沈み込みの力に負けて痛めつけられていた周囲の歯を守る効果も持っています。

安全で確実なインプラント治療のために

当院では、インプラント治療をより安全・確実に行うために「精密診断用歯科CT」「コンピュータシミュレーション」、「世界標準のインプラントシステム」など最新の機器・材料・衛生管理システムを積極的に使用して最良のインプラント治療に取り組んでいます。

より負担の少ないインプラント治療

当院では、患者様の負担をなるべく少なくすむように低侵襲治療を実践しております。

例えば、歯肉を切開した治療法はもちろんのこと、切開しないフラップレス術式(無切開・無剥離)やその日に歯が入り食事をすることができるイミディエイト術式(即時荷重)。

そして骨が不足している場合、足りない部分に骨を造るGBRやサイナスリフトなどのグラフト術式はもちろんのこと、極力骨を造らずに治療を行うグラフトレス術式All-on-4(オールオンフォーによる無歯顎即日治療)といった極力負担を軽減することが可能な治療法も実施しております。

当院で使用するインプラントメーカー

使用するインプラントシステムは『実績』『信頼性』『安全性』という基準をクリアした世界で最も実績があり信頼されている2大メーカーを選んでおります。

ノーベルバイオケア

ノーベルバイオケア社のインプラントは、ブローネマルク博士によって開発され、1965年に臨床応用されてから45年以上の実績を持つインプラントシステ ムです。
ノーベル・バイオケアは、34カ国に営業拠点を持ち、70カ国以上に製品を供給し、世界中で大きなシェアを持つデンタル・インプラントのリーディングカンパニーです。

ストローマン

スイスで製造されているストローマン製品は最新の研究成果、先端技術、科学文献により裏づけられており、厳しい生産・品質管理により作られています。
四半世紀以上の総合的臨床学術情報から、整形外科分野で30年以上の臨床実績があり、世界中で最も使用されているインプラントシステムです。

文字サイズ

お電話でのお問い合わせ:Tel.042-469-8841

院内情報

歯科医師・衛生士スタッフ

歯科治療の勉強会・講演会・講習会の活動報告

診療時間
月・水
9:00~13:00/14:30~19:00
火・金
9:00~13:00/14:30~20:00
土
9:00~13:00/14:30~18:00
休診日
木曜・日曜・祝祭日
アクセス

西武新宿線 田無駅
北口より徒歩3分

※近くにコインパーキングあり

〒188-0011
東京都西東京市田無町4-28-13
おんべビル2F

案内地図

博山会とは
  • 沼澤歯科Northインプラントセンター西東京
  • 沼澤歯科Southインプラントセンター小金井